金沢赤十字病院

患者総合支援センター

患者総合支援センター

センター長あいさつ

患者総合支援センターでは、患者さんやそのご家族の方が感じておられる療養や日々の生活の中での様々な問題や困りごとに対して、看護師や社会福祉士を含む多くの職種による相談・支援を行っております。
さらに、必要に応じて、病院内外と連携をとりながら安心して治療を受け、より快適な生活が送れるようにお手伝いをいたします。

患者総合支援センター長  川原 繁

センター機能・特徴

入退院支援課・・・患者さんの入院が決まった段階での「入院支援」、退院後の生活を見据えた「退院支援」、これらを通して、患者さんやご家族が抱える様々な問題について支援します。

地域医療連携課・・・病院やクリニックと連携して情報を共有し、円滑な受診・入院につながるように支援します。

医療福祉課・・・病気や障害に伴って生じるさまざまな生活上の問題について社会福祉士が相談をお受けします。

アピールポイント

  • 安心して入院生活が送れるように入院前から退院後まで切れ目なく支援します。
  • 当院は、近隣のクリニック、介護施設、訪問看護・訪問リハビリなどと密に連携しています。
  • 在宅で療養されている方に安心して毎日が過ごせるように継続的な支援を行います。

川原 繁

副院長

川原 繁

かわら しげる

専攻 乾癬、光線過敏症、紫外線療法
資格 日本皮膚科学会認定専門医、ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター、臨床研修指導医
経歴 1982年卒   金沢大学医学部
1986年修了 金沢大学大学院医学研究科
1986年 4月 金沢大学医学部附属病院
2000年 4月 金沢医療センター
2005年 4月 近畿大学医学部
2011年 4月 金沢赤十字病院皮膚科部長
2016年10月 金沢赤十字病院副院長

パンフレット

一般向け(三つ折り)

医療関係者向け



MENU