金沢赤十字病院

整形外科

整形外科

整形外科からのお知らせ

2018年03月20日 平成30年3月26日より 外来診察が完全予約制となります

特徴

整形外科は関節の痛みや神経痛・腰痛、骨折などの外傷、加齢に伴う骨粗鬆症などを取り扱う科です。

当院ではまず適切な検査、診断を行なったのち、内服や注射による薬物療法、生活・運動療法指導などの保存療法を行ないます。それでも改善が得られずに日常生活に支障を来している場合には、手術加療が必要となることもあります。

整形外科の手術日々進歩しており、より良い手術を行うには豊富な知識と経験が必要です。特に当院は変形性膝関節症変形性股関節症などに対する関節手術において多くの経験を有しております。

変形性膝関節症

 変形性膝関節症とは、主に加齢や過去の外傷、関節リウマチなどの関節炎疾患により膝関節のクッションである関節軟骨がすり減って、関節の変性・変形が進んだ病態です。立ち上がり時の痛みなどから始まり、徐々に階段昇降や歩行時の痛み、正座不能などの障害を来たします。また見た目もO脚(ときにX脚)変形が強くなり、起立時のバランスも悪くなります。レントゲン検査では、太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の間の関節の隙間が消失している様子が分かります。  残念ながら、すり減った軟骨は薬や手術で元に戻ることはありません。太ももの前の筋肉を鍛える運動療法は、膝の負担軽減、疼痛軽減の効果があり効果的です。 また、ヒアルロン酸の関節内注射はすり減った軟骨を保護し、磨り減りの進行を遅らせる効果があります。しかしながら痛みがひどく、歩行が困難な場合、生活に支障を来している場合は、手術的な治療が必要となります。  手術は,膝関節の変形の進行具合や年齢、性別、活動性などを考慮して、適切な手術を選択します。活動性の高い若年の方には、関節温存手術(脛骨高位骨切り術)を行っていますが、中年以降の方には、十分な除痛と膝関節機能の回復,早期の離床と歩行訓練が可能となる人工膝関節全置換術による治療を主に行っています。比較的変形が軽度で痛みが強い方には、関節の内・外側どちらか一方だけを人工関節に換える人工膝関節単顆置換術を行なっています。  当院ではコンピューター技術を用いた綿密な術前計画を行なっており、経験豊かな技術のもと正確な手術を行うよう心掛けています。

人工膝関節全置換術

 軟骨のすり減りにより傷んだ関節を人工関節にとり替えます。太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の表面を削り金属(またはセラミック)インプラントを被せて、間に人工のクッション(ポリエチレン)が入ります。これにより除痛とスムーズな膝関節の動きの回復が可能となります。  人工関節手術では、良好な機能回復と長期成績(人工関節を長持ちさせること)が求められます。そのためには適切で正確な手術手技が必要になります。当院では人工膝関節全置換術をより正確に行うために、手術前にはレントゲンのみならずCTを用いた3次元的な手術計画を実施しています。  正確な手技で人工膝関節全置換術が行われれば、術前のO脚変形やX脚変形がきれいに矯正され、バランスの良い脚が再建されます。  最小侵襲手術、抜糸の要らない手術を取り入れています。

変形性股関節症

 変形性股関節症は変形性膝関節症と同様、加齢や過去の外傷、関節リウマチなどの関節炎疾患により膝関節のクッションである関節軟骨がすり減って、関節の変性・変形が進んだ病態です。また幼少期に先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全症を患っていた場合、若年のうちから変形性股関節症による股関節痛が生じることがあります。 股関節に負担のかからない生活を心がけるのが第一ですが、軟骨が完全にすり減ってしまい、日常生活に多大な支障を来している場合には手術療法が選択肢となります。 手術療法として当院では人工股関節置換術を行っています。 人工膝関節置換術同様、術前にはコンピューターシュミレーションを用いた綿密な術前計画を行い最適な人工関節の決定をしています。 また術後の脱臼予防・早期回復のため、前方最小侵襲手術を取り入れています。この手術では筋肉の間から手術を行うために、これまでの後方侵入手術に比べて痛みが少なく、回復が早いのが特徴です。 当院では手術から退院まで転院することなく、同一施設で継続した入院リハビリテーションを受けることができます。手術後の回復具合には個人差がありますので、回復に時間の必要な方は当院の回復期リハビリテーション病床の利用が可能です。回復期リハビリテーションでは365日リハビリテーションを実施しており、入院中は休み無くリハビリを受けることができます(詳細はリハビリテーション科の部門紹介を参照)。

診療受付時間

診療受付時間曜日時間
月~水・金曜日午前8:30~11:00 (紹介・予約のみ)

医師紹介


木村 浩明

第一整形外科部長

木村 浩明

きむら ひろあき

専攻 骨軟部腫瘍
資格 日本整形外科学会専門医
経歴 2002年卒   金沢大学医学部
2002年4月  金沢大学附属病院
2003年4月  金沢市立病院
2004年4月  厚生連高岡病院
2005年4月  金沢医科大学病院
2007年4月  金沢大学附属病院
2011年3月  金沢大学大学院医学系研究科 卒
2014年4月  名古屋市立大学病院
2016年4月  金沢赤十字病院 第一整形外科副部長
2017年4月  金沢赤十字病院 第一整形外科部長

阿部 健作

整形外科医師

阿部 健作

あべ けんさく

専攻 骨軟部腫瘍、外科一般、スポーツ

外来担当医一覧

午前木村
阿部
木村
阿部
阿部
谷口
手術木村
下島
午後手術・検査


MENU