金沢赤十字病院

初期臨床研修医募集

ご挨拶

院長ご挨拶

 金沢赤十字病院は、金沢大学附属病院の協力型病院として、これまでも毎年研修医を受け入れており、その多くから良い評価をいただいています。この実績を生かし、基幹型臨床研修病院としても教育に力を入れており、若く活力ある研修医が当院で研修を行っています。
 当院では内科や外科、整形外科、皮膚科、麻酔科などの研修が可能で、他県の赤十字病院や近隣の病院などとも連携しており、地域医療は能登地区の病院や近隣の診療所にお願いし、いろいろなパターンの研修も可能です。
 現在の若い医師が活躍する頃には日本は超高齢社会を迎えており、地域完結型医療や地域包括ケアシステムなど、地域で高齢者を支えることがますます
大事な時代であり、医療と福祉などの連携も重要となります。急性期病棟や回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟などを有する当院では時代に即した地域医療も学べると思います。
 職員同士のコミュニケーションにも力を入れている金沢赤十字病院で、ぜひ医師としてのスタートを切ってください。



院長  岩田 章


プログラム責任者ご挨拶

 当院の研修は「面倒見の良い」研修です。その特徴としては、『年間指導医』の存在と、『ポートフォリオ発表会』が挙げられます。まず「年間指導医」を1名固定し、2年の研修期間を通じて一貫してみなさんをサポートし続けます。(疾患毎に専門の指導医もつきます。) 「ポートフォリオ発表会」は毎月開催され、みなさんが1か月間に学んだこと、経験したこと、感じたことを発表してもらい、指導医や看護師などの多職種が助言をしながら見守っていきます。ポートフォリオを活用して自分の仕事を客観視、すなわち自己評価を行い、さらに他者評価によるフィードバックも得ることにより、自分の頭で考え、自ら成長し続ける医師を育成したいと考えています。
 プログラムの特徴の一つとして、救急部門では、県外では秋田・名古屋第二赤十字病院、県内では松任石川中央病院や能登総合病院といった救急医療の盛んな病院で、しっかりと研修を行える体制をとっています。また平成30年度からは、協力型病院である金沢大学附属病院での研修範囲を大幅に拡大し、これまでより多くの科の研修を行えるようになりました。
 当院には中規模病院ならではの職員間で顔の見えるアットホームな雰囲気があり、多職種でのチーム医療も活発です。科ごとの垣根も低く、医師間の連携も非常にスムースです。研修医の人数は多くはありませんが、その分多くのことが経験できると考えています。
 当院で研修を受けていただけることを心待ちにしています!



プログラム責任者
副院長 兼 第一内科部長  久田 幸正



MENU