金沢赤十字病院

赤十字活動

赤十字使命

スローガン 基本原則

赤十字の基本原則・赤十字の使命が、我々、赤十字看護師の行動の基礎にあります。

赤十字看護師として

日本赤十字社 使命・活動

 赤十字看護師は日本赤十字社の使命「わたしたちは、苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守ります」と、赤十字の7つの基本原則にしたがって職務を遂行しています。

救護班要員養成(救護員としての赤十字看護師養成)

 災害救護は、赤十字活動の中でも重要な使命のひとつです。
 当院では、災害救護活動に備え、赤十字看護師として活動できるよう、赤十字や災害看護に関する専門知識や技術を身につけ、定期的な研修や訓練を通して迅速に対応できるよう取り組んでいます。また、救護班のメンバーとして医師や調整員(事務系職員)とともに赤十字災害救護訓練や自治体の災害訓練に参加し、いざというときに備えています。
 また、被災地において被災者はもとより、救護活動にあたる救護員にとっても心理的支援はとても重要です。赤十字は「こころのケア」活動のできる救護班要員の養成にも力を入れています。


避難所でエコノミークラス症候群対策を普及

熊本地震災害での「こころのケア」


赤十字講習の普及


 赤十字では「人道」の理念に基づき、一般市民への講習普及に努めています。当院でもその役割を担うために、けがや病気に対する「救急法」や、幼児期に起こりやすい事故の予防や手当てを学ぶ「幼児安全法」、高齢者の健康維持と介護のための「健康生活支援講習」の普及に携わっています。石川県支部と協働して指導員の養成を行い、講習活動やその知識や技術を生かしてのボランティア活動にも参加しています。



MENU