金沢赤十字病院

一緒に働こう!

ナースの声

やりがい

当院で働く看護師の日々の看護における思いを紹介します。

所属:B4病棟 出身校:石川県立看護大学 Aさん

 私は臨床1年目の時から消化器内科病棟を経験し、消化器病棟の統合(消化器内科と外科の統合)に合わせ、2年目の秋からは消化器全般を対象とした病棟で勤務しています。当院では地域医療連携に力を入れていることは入職前より知っていましたが、実際に入職してみて、地域の診療所などからの紹介患者を受け入れることが多いことに気づき、そういったところに地域との結びつきの強さを感じることが出来ています。また、病棟の統合によって、現在は消化器疾患の患者さんであれば内科・外科両方の方々を対象としなければなりません。消化器という括りは変わらなかったものの、異動直後は多少なりとも内科・外科の違いに戸惑いました。しかし、異動先の先輩方や同期の支えもあり、半年経った今では周術期の患者さんにも臆することなく関わることが出来るようになりました。内科も外科もまだまだ勉強しなければならないことばかりですが、日々精進していきたいです。

所属:A2病棟  出身校:富山赤十字専門学校出身 Bさん

 糖尿病・腎センターを3年経験し、長年、病気と付き合いながら生活している患者さんたちと関わるなかで病気と向き合うことへの支援をすることのやりがいや大切さを学びました。
 患者さんたちと話し合う時間を作り、患者さんの思いや希望などを汲み取りつつ療養生活を一緒に考えることで、笑顔でやる気をもって退院していかれる患者さんの姿を何度もみることができました。その経験から、もっと知識を深めたいと考えている中、病棟医師や先輩看護師の勧めもあり、2014年に糖尿病療養指導士の資格を取得しました。資格を取得して間もないこともあり学習の日々ですが、患者さんと関わる中で、自分が身につけた知識を病気や療養生活を見直し、考えるきっかけづくりに活用することができ、とても充実した日々を過ごしています。これからも向上心をもち学んでいきたいです。

所属:A3病棟 出身校:石川県立総合看護専門学校 Cさん

 消化器外科病棟を4年間経験し、現在は循環器内科病棟で勤務しています。消化器外科病棟では特にオストメイトとの関わりの中で、手術直後はストーマ管理に困惑していた患者さんが少しずつ退院後の生活が見え始め、患者さんが望む生活に近づけるよう生活指導を行い、徐々に笑顔が増えていったことが忘れられません。私たちのケア一つ一つが患者さんの今後のQOLを左右すると痛感しました。その後皮膚排泄ケアを学び、現在の循環器内科病棟でも心不全患者さんの浮腫に対して学んだ知識をケアへと繋げています。
 当院では現在男性看護師が各病棟に約1名ずつ配属されています。女性が多い環境で働く中で、少しでも全体の調和がとれるようにと日々考えて行動しています。実際の患者さんとの関わりの中では、女性患者さんのケアに入る際には羞恥心に最大限配慮しています。体位変換や移乗の場面では、男性の方で良かったと言われることもあるため、男性看護師がいることで入院生活を安楽に過ごすための一部分を補えているのではないかと感じています。
 現在の病棟は三交代勤務のため家族と過ごす時間は変則的になりますが、家庭や子育てを両立するために合間をみて積極的に家事に参加しています。特にオムツ交換や沐浴など普段の看護を活かして子供とふれあう時間が楽しみです。また、家族から頼りにされていることも嬉しいですね。

仕事と家庭

継続して働いていただくために、その人の生活にあった働き方ができるように、ワーク・ライフ・バランスに取り組んでいます。
生活に合わせた働き方をしているスタッフからのメッセージです。

病棟勤務 Dさん

 私は出産育児のため6年のブランクがあり、また子育てと仕事の両立に不安があったためハローワークで相談し、職場復帰プログラムのある当院で研修を受けました。研修での学びの後に就職して、子供の急な病気や、行事に合わせて休みを取ることができ働きやすい職場だと感じました。子育て中の職員が多いので相談に乗ってもらったり、協力しあったりしています。現在は短時間のパート勤務で子育てと仕事を両立させています。将来的に時間を増やして働くことも可能です。まずは自分に合った形態で私たちと一緒に働いてみませんか?

外来勤務 Eさん

 当院は子育てしながら働く看護師も多く、育児短時間勤務制度も導入されており仕事と家庭の両立がとてもしやすい環境です。私は外来部門で、週4日9時から16時までの短時間勤務をしています。その中で仕事内容はもちろんですが、育児の悩みなども周りのスタッフに相談したり、子どもの体調不良の時には勤務を考慮してもらったりと多くのスタッフに支えられ仕事を続けられています。研修会なども家庭の事情に合わせて参加を選べるものもあり、ワーク・ライフ・バランスがとりやすい病院だと思います。



MENU