金沢赤十字病院

看護実践学会学術集会

第12回看護実践学会学術集会

看護実践学会ホームページ  http://www.kango-ji.com

関連リンク

学術集会事務局 金沢赤十字病院 看護部
〒921₋8162 石川県金沢市三馬2丁目251番地 
TEL:076₋242-8131 FAX:076ー243-7552 E-mail:jissen12th@kanazawa-rc-hosp.jp
担当:髙木 

新着情報

  • 2018年09月04日    学術集会終了の挨拶を更新しました
  • 2018年08月27日    平成30年7月までに看護実践学会年会費を支払いになった方は、第12回看護実践学会学術集会講演集がお手元に郵送されているかご確認ください。
  • 2018年08月27日    本学会では、日本糖尿病療養指導士認定機構「認定更新のための研修会」 <第1群>2単位を申請しておりましたが、1単位となりました。ご了承ください。
  • 2018年07月30日    「プログラム」、「発表者の方へご案内」を追加しました
  • 2018年03月01日    演題募集を開始しました
  • 2017年12月28日    第12回学術集会ホームページを開設しました

第12回看護実践学会学術集会終了の挨拶

 第12回看護実践学会学術集会は、成功裡に終了しました。皆様のご参加、ご協力に心からお礼申し上げます。
 本学術集会では、「今こそ、看護実践の時代(とき)」をメインテーマとし、看護の根幹を成す倫理観と時代に応じた多様性について情報共有や意見交換ができるよう企画いたしました。
研究発表会場では、各会場ともに活発な討議が行われ、新たな気づきや発見の場となりました。看護交流集会やシンポジウム・講演では、看護における「変わるもの・変わらないもの」について自身に問いかけ見つめる機会となり、実り豊かな学術集会になったと思います。本会での成果が看護実践に活かされ、看護の発展に繋がることを願っています。
最後に、ご寄付、展示、広告としてご支援を頂きました企業の方々、2年近くにわたり準備にご尽力くださった委員や事務局の方々、会期中運営スタッフとしてご活躍頂きました方々に重ねてお礼申し上げます。


2018年9月吉日
第12回看護実践学会学術集会
会長 冨澤ゆかり
(金沢赤十字病院 看護部長)


お詫び

第12回看護実践学会学術集会に、ご参加いただき、誠にありがとうございました。

前日の大雨等の不測の事態により、本学術集会のプログラムの一部が急遽変更となり、皆様には多大なご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。


第12回看護実践学会学術集会事務局


学術集会長挨拶

第12回 看護実践学会学術集会 学術集会長挨拶

 第12回看護実践学会学術集会を会員、関係者の皆様から多大なご支援・ご協力をいただき、2018年9月1日(土)に、石川県地場産業振興センターにおいて開催できますことを心より感謝申し上げます。今回の学術集会のテーマは、「今こそ、看護実践の時代(とき)」です。
 我が国は、少子超高齢化・多死社会へと急速に変化しています。医療を取り巻く環境も著しく変化し、人々の営みに主眼を置いた医療が重視される中、看護への期待もますます大きくなっています。このような社会変化や時代の要請に応えるべく看護活動の場や看護提供体制・方法等、看護も変化してきました。しかしながら、目の前にいる対象と真摯に向き合い、そのニーズを把握し、個に適した方法で心を込めて看護実践するという看護の本質は、いつの時代も変わることはありません。変化を求められる今だからこそ、看護の本質を見つめることが重要なのではないかと考えました。
 変わるもの、変わらないもの。変えなければならないこと、変えてはいけないこと。この時代に即した看護のあり様や健康と生活を支援する看護実践について、皆様と一緒に考えていきたいと思います。
 本会は、臨床や看護教育等に携わる看護職が、さらなる看護の質向上のために、日頃の看護実践の成果を発表すると共に、意見交換する貴重な機会です。相互に刺激しあい、切磋琢磨できる機会になることを目指し、関係者一同準備を進めています。
 最後になりましたが、学術集会へのご発表・多数のご参加を心よりお待ちしています。


2017年12月吉日
第12回看護実践学会学術集会
会長  冨澤 ゆかり
金沢赤十字病院 看護部長


学術集会概要


学会名第12回看護実践学会学術集会
テーマ『今こそ 看護実践の時代(とき)』   ポスター〔PDF〕
大会長冨澤ゆかり(金沢赤十字病院 看護部長)
会期2018年9月1日(土)9:00~17:00
会場石川県地場産業振興センター
〒920-8023 石川県金沢市鞍月2丁目1番地 TEL:076-268-2010
アクセス詳しくはこちら (※地場産業振興センターHPへリンク)

自家用車・タクシー JR金沢駅から金沢港方面へ約4㎞
駐車場有、駐車台数に限りがあります
北鉄バス JR金沢駅金沢港口(西口)バスターミナル 6番線乗り場から
「工業試験場」「消費生活支援センター」行 乗車 →「工業試験場」下車 (約20分)
参加費会員2,000円、非会員4,000円、学生・大学院生1,000円
事前登録はございません。当日会場にて参加受付を行います。
受付に関するお願い会員 : 事前にお送りする学術集会抄録集内に「参加申込書」が添付されております。
必要事項を記載の上、当日忘れずにご持参ください。
非会員 : 当日受付時に、学術集会抄録集をお渡しいたします。
学生 : 学生証のご提示を求めますので、忘れずにご持参ください

本学会は、日本糖尿病療養指導士認定機構「認定更新のための研修会」<第1群>1単位を取得しております。
学術集会事務局金沢赤十字病院 看護部
〒921₋8162 石川県金沢市三馬2丁目251番地
TEL:076₋242-8131 FAX:076ー243-7552
E-mail:jissen12th@kanazawa-rc-hosp.jp   
運営事務局株式会社 キュービクス
〒921₋8836 石川県野々市市末松3丁目570 いしかわ大学連携インキュベータ203
TEL:076ー201-8821 FAX:076ー248ー8832

プログラム

第12回看護実践学会学術集会の日程と発表スケジュール

日程ダウンロード〔PDF〕
プログラムダウンロード〔PDF〕

〇参加者募集!

交流集会Ⅱ「排泄を語りましょう」とし、『おむつフィッター』(演習)を開催いたします。   ポスター〔PDF〕

※おむつフィッター(演習)では、紙おむつの給水実験、インストラクターによるデモンストレーション、紙おむつの装着体験などを行います。

参加には事前申し込みが必要です。定員は先着20名とさせていただきます。
参加希望される方は、本大会事務局へE-mailで下記の内容を入力の上、お申込みください。
申込期間は、8月10日(金)15:00まですが、定員に達し次第受付終了とさせていただきます。ご了承ください。

宛先 : jissen12th@kanazawa-rc-hosp.jp
件名 : 「おむつフィッター参加申し込み」
本文 : ①参加希望者氏名
      ②所属施設名 と 施設連絡先(電話番号)
      ③E-mail アドレス

※申し込みされた方には、担当者より後日詳細をE-mailで連絡いたします。必ずご確認ください。

発表者の方へご案内

発表者の方は、学術集会当日8:40までに参加受付を済ませ、メディア登録をお願いします。その後、座長との打ち合わせを行います。

利益相反(conflict of interest:COI)開示について
研究成果の発表時には、利益相反の開示が必要です。本大会で一般演題(口演・示説)の発表者には、研究実施に関わるCOI状態を自己申告していただき、発表時に公表をお願いします。

COI状態の有無を、
  ・口演演題は、スクリーン掲示(スライドの2枚目、タイトルスライド後)
  ・示説演題は、ポスター掲示(発表ポスターの右下隅) 
にて、COI自己申告に関する記載を加えて、開示してください。

※開示書式のテンプレートを用意しましたので、ご活用ください。

COI状態が「なし」の場合ダウンロード〔PowerPoint〕
COI状態が「あり」の場合ダウンロード〔PowerPoint〕

演題登録、募集要項

登録期間2018 年3 月1 日(木)~ 5 月31日(木)
演題登録の申し込みは終了いたしました。
多くの方に演題登録いただき、誠にありがとうございました。
演題募集要項ダウンロード〔PDF〕
演題申込用紙ダウンロード〔PDF〕ダウンロード〔Excel〕

お問合わせ先



MENU