金沢赤十字病院

病院紹介

院長からのメッセージ

院長からのメッセージ


 金沢赤十字病院は大正14年に日本赤十字社石川県支部産院として発足し、昭和28年に金沢赤十字病院となり昭和43年から現在の金沢市南部、野々市市と接する地域で医療を行っています。高齢化社会が進む中、地域のいろいろなニーズに応えられるように急性期病床120床、地域包括ケア病床80床、回復期リハビリ病床43床を有し、国が推進する地域完結型医療、地域包括ケアシステムの構築に寄与したいと考えています。
 令和元年度からは糖尿病・腎センター、消化器病センター、骨関節・脳血管リハビリテーションセンター、患者総合支援センターの四つのセンター機能を中心に、各診療科の垣根無く病棟や外来で患者さん中心の医療を行い、自宅での生活をイメージしながらリハビリを行って、地域のクリニックや福祉施設との連携のもとに入院から退院後まで患者さんやご家族を支援していけるよう努力しています。
 普段は地域密着型の病院として信頼される医療を提供し、万一災害が発生した場合には赤十字病院の使命である災害救護にも積極的に貢献していきます。

【経歴】

1982年4月 金沢赤十字病院第三内科部副部長
1983年4月 金沢赤十字病院医療社会事業部長
1987年4月 金沢赤十字病院第二内科部長
1999年4月 金沢赤十字病院副院長
2009年1月 金沢赤十字病院院長



MENU