金沢赤十字病院

入院のご案内

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟 (365日リハビリ実施)

 回復期リハビリテーション病棟とは、急性期の医療を要する時期が終了しても、なお自宅復帰のために集中的なリハビリテーションアプローチが必要である患者さまに対して、機能訓練のみのリハビリではなく、病棟生活全般を含めてリハビリテーションアプローチを行なう病棟です。日常生活能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的とし、土日祝日を含めた365日のリハビリを実施しながら、早期の自宅復帰と機能回復を目指しています。
 本病棟では、理学療法士、作業療法士が病棟専従として、医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、言語聴覚士とともに患者さま個々の家庭環境への対応を目標に進めていきます。また、病棟独自のカンファレンスを行い、患者さま一人一人の状態をスタッフ全体で把握できるようにしています。さらに、医療ソーシャルワーカーが、利用できる各種社会制度の説明・手続き、転院・入所先の手配など、患者さまの社会的問題についてのご相談もお受けしています。
 必要に応じて、患者さま宅の家屋構造をシミュレーションし、今まで生活されていた環境に適応できるようにリハビリテーションを行い、患者さまが現段階の能力で生活できるかチェックします。現状の家屋では生活が困難である場合は、住宅改修や介護用品を提案させていただくこともあります。



MENU