金沢赤十字病院

入院のご案内

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは、主に脳卒中や大腿骨等の骨折の急性期の医療を終了した後、自宅復帰のためにリハビリテーションを集中的に行う病棟です。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、機能訓練だけではなく病棟での実際の生活場面に入り込んで積極的なリハビリテーションを行います。加えて、当院では、土日祝日を含めた365日のリハビリテーションを実施しており、早期の機能回復と自宅復帰を目指しています。
また当院では、生活環境を早期に把握するために入院直後の家屋調査を実施しており、入院中から退院後の生活を想定してリハビリテーションを実施しています。必要に応じて退院前にも家屋調査を実施し、患者さんのご自宅での動きを確認するとともに、住宅改修や福祉用具についてのアドバイスをさせていただきます。
この病棟では、医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーがチームとなって情報を共有しながら、患者さん個々の心身機能や社会的背景に関する問題に対応していきます。また、利用できる社会制度や退院後の療養先等について、医療ソーシャルワーカーがご相談をお受けします。



MENU