金沢赤十字病院

病院紹介

沿革

沿革

大正14年7月日本赤十字社石川県支部産院として発足(下新町)
昭和7年5月金沢市下新町より同市殿町へ移転(現大手町)
昭和28年4月金沢赤十字病院と名称を変更
内科、外科、整形外科、放射線科を増設 100床
昭和30年10月小児科を新設
昭和43年10月金沢市三馬町地276番地(現三馬2丁目251番地)に新築移転
石川県立老人病棟(100床)の委託を受ける
200床(一般病床100床、老人病床100床)
昭和49年8月石川県立老人病棟(北病棟)を50床増床工事完成
250床(一般病床100床、老人病床150床)
昭和53年10月脳神経外科を新設
昭和55年5月助産施設の承認
昭和55年7月訪問看護開始
昭和60年5月石川県立老人病棟(北病棟)を50床増床工事完成
300床(一般病床100床、老人病床200床)
平成1年6月手術室、外来診察室、西病棟の増築改修工事完成
平成2年12月放射線棟増築改修工事完成
平成4年6月政府管掌健康保険健診病院の指定
平成5年6月眼科を新設
平成5年10月人工透析医療機関に指定
平成6年1月リハビリテーション総合承認施設の指定
平成7年4月健診部を新設
平成9年2月地域災害医療センターに指定
平成9年7月石川県立老人病棟(200床)を移管される
平成10年10月老人ディ・ケア施設基準の承認
平成11年1月呼吸器科・消化器科・循環器科・肛門科を新設
平成11年4月麻酔科を新設
病院増改築工事(A棟)完成
平成11年10月居宅介護支援センター開設
平成12年4月療養型病床群(50床)を開設
平成14年4月リハビリテーション科、泌尿器科を開設
透析センターを増床(16床→20床)
訪問看護ステーションの設置
平成15年4月300床(一般病床300床)
(財)日本医療機能評価機構より認定証(複合病院種別B)を取得
平成15年5月回復期リハビリテーション病棟設置(50床)
開放病床設置(20床)
平成16年5月開放病床を増床(20床→30床)
平成19年1月医療安全推進室を設置
平成19年4月人工透析センター及び救急外来増改築工事完成
※人工透析センターを血液浄化センターに名称変更し増床(20床→42床)
糖尿病・腎センターを開設
平成19年5月一般病棟入院基本料(7:1)に変更
平成20年7月(財)日本医療機能評価機構 認定証の更新(Ver.5.0)
平成21年4月DPC対象病院
皮膚科を開設
平成21年7月消化器病センターを開設(外科外来は2階へ移動)
化学療法室を開設
平成21年8月開放病床を増床(30床→35床)
平成23年4月石川県地域がん診療連携推進病院に指定
平成23年9月基幹型臨床研修病院に指定
平成24年7月開放病床を増床(35床→37床)
平成25年5月新病棟(B棟)竣工
許可病床300床から262床へ変更
回復期リハビリテーション病棟 46床から43床へ変更
開放病床を増床(37床→39床)
平成26年8月開放病床を増床(39床→48床)
新病棟等建築工事完成
平成26年10月地域包括ケア病棟設置(40床)
平成27年4月在宅療養後方支援病院に指定
平成28年10月地域包括ケア病棟を増床(40床→80床)
開放病床を48床から35床へ変更


MENU