金沢赤十字病院

病院紹介

病院指標

平成27年度 金沢赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 109 72 153 144 224 298 730 903 736 267
 当院では「わたしたちは、安全で信頼される医療を通じて、地域社会に貢献します」を理念とし、地域のニーズに応え、患者さんを治療し支える医療を提供することを目標としています。生活習慣病や消化器病を中心とした疾患だけでなく、高度急性期から在宅への復帰を目指した回復期や地域のかかりつけ医の後方支援病院としての機能を充実させ、地域の中核病院としての役割を果たせるように医療の提供を積極的に行っています。
 退院患者数を年齢階級別で集計すると、当院では小児から高齢者まで幅広く患者さんの受け入れを行っていますが、70歳代以上の割合が高い傾向にあります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病 163 15.35 15.35 1.23 64.89
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎  手術・処置等なし 145 14.68 14.34 2.07 71.36
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  手術・処置等なし 113 4.35 5.50 0.00 48.88
 内科では、消化器・生活習慣病・循環器・呼吸器等の多くの内科疾患を診療しており、糖尿病、肺炎、急性腸炎等の疾患が上位を占めています。今回の集計には含まれていませんが、内視鏡によるポリープ切除術(年間186件)や、心臓カテーテルによる狭心症の治療(手術・検査を合わせて年間126件)も積極的に行っています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎(15歳未満)  手術・処置等なし 36 5.25 5.72 0.00 2.97
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  手術・処置等なし 15 3.87 5.50 13.33 3.53
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等なし 10 5.20 6.31 0.00 4.60
 小児科では、地域の小児科からの受入れだけでなく、毎週木曜日の輪番診療(夜間救急)も行い、地域に根差した診療を行っています。肺炎や気管支炎、喘息、腸炎などの一般疾患や、川崎病、紫斑病等も入院にて対応しています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 50 8.18 10.38 2.00 62.80
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下手術あり 46 9.61 7.84 0.00 62.11
060035xx0100xx 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術等あり 20 22.40 17.41 0.00 68.45
 外科では、消化器疾患を中心とした外科疾患全般の診療を行っています。直腸・肛門脱、胆嚢摘出術、結腸癌の手術のための入院が多くなっています。また、集計には含まれていませんが、ヘルニア(いわゆる脱腸)の手術も積極的に実施しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節、大腿骨の骨折 骨折に対する手術あり 38 50.47 28.70 0.00 81.37
070230xx01xxxx 膝関節症等(変形性を含む)  人工関節置換術あり 29 43.03 27.21 0.00 77.07
160690xx99xx0x 脊椎圧迫骨折  手術なし 17 20.71 21.52 0.00 78.29
 整形外科では、大腿骨の骨折や膝の関節の疾患が上位となっており、現在は骨軟部腫瘍、股関節の疾患について力を入れています。手術だけではなく、術後の在宅復帰を目的としたリハビリテーションにも力を入れています。当院には回復期リハビリテーション病棟があり、周術期や回復期のリハビリテーションを実施しているため、それぞれの症例について全国平均より在院日数が長くなっています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞 手術なし エダラボン使用あり 22 41.18 18.08 0.00 76.64
030410xxxxxxxx めまい - - 5.51 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷  手術・処置等なし - - 7.52 - -
 脳神経外科では、脳血管疾患やめまい、外傷による頭蓋内疾患といった頭部の疾患を全般的に診療しています。脳血管疾患、特に脳卒中には早期のリハビリテーションが重要で、当院では早期に介入し必要な訓練を行うことにより、生活機能の回復に努めています。急性期のリハビリテーションだけでなく、回復期リハビリテーション病棟にてリハビリを継続することで、積極的な予後の改善を図っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - 17 - - 1 7
大腸癌 - 20 14 29 - 22 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - 13 - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、上記の5大癌の中では胃癌、大腸癌、肝癌の消化器の癌全般を中心に診療しており、特に大腸癌の患者数が一番多くなっています。消化器の癌では、早期から重篤なものまで幅広いステージの癌について診療を行っています。病態や社会的背景を踏まえ、患者さんにとって最適な医療を提供できるよう努めています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 35 9.09 52.06
重症度 1 33 13.61 76.15
重症度 2 30 30.13 82.87
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 成人市中肺炎は、重症度が高くなるにつれて平均在院日数や平均年齢も高くなる傾向があります。高齢者は合併症を有する方が多いため、平均在院日数が長くなる傾向があります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 68 62.37 79.37 19.12
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 当院では、脳梗塞で入院していた方の8割以上が在宅へと復帰しています。急性期から回復期への移行が自施設内でできること、リハビリテーションが重点的に実施できていることが理由として考えられます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 185 0.99 2.61 0.00 64.68
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 46 1.33 6.72 0.00 69.67
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 36 28.39 32.92 58.33 81.83
 内科では、消化器疾患における内視鏡手術を多く実施しており、中でもポリープ切除術、胃瘻造設術の実施が多くなっています。循環器疾患については、狭心症、心筋梗塞に対するステント留置術を多く実施しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 3.00 9.46 1.85 62.26
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 50 1.12 3.04 0.00 65.06
K743-3 脱肛根治手術 40 1.28 4.90 0.00 59.88
 外科では、主に消化器疾患における手術、特に腹腔鏡による胆嚢摘出と鼠径ヘルニアの手術を数多く実施しています。その他、肛門の疾患について、近隣のかかりつけ医と連携し、診療・手術を実施しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 35 5.09 53.63 8.57 81.34
K0821 人工関節置換術(膝) 33 2.61 41.79 3.03 76.67
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 4.80 60.07 0.00 81.80
 整形外科では、骨折に対する手術を数多く実施しています。また、膝関節や股関節の手術も積極的に実施しており、高齢者に対しては継続的に回復期リハビリテーション病棟で運動器のリハビリテーションを提供しているため、術後日数が長くなる傾向にあります。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 250 0.01 1.04 0.00 74.24
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
 眼科では、白内障に対する水晶体再建術の実施が最も多く、ほとんどの方が入院当日の手術、翌日退院の1泊2日の流れで実施しています。水晶体再建術については、多焦点眼内レンズを使用した高度先進医療や3焦点眼内レンズの手術も行っています。網膜光凝固術(レーザー治療)については、当院ではほぼ外来にて実施しており、入院手術の集計表には反映されていませんが、水晶体再建術に次いで実施しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.30
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.77
異なる - -
 この項目は、入院後に発症した感染症や合併症の件数を示しています。当院では、人工腎臓の患者さんを多く受け入れているため、「手術・処置等の合併症」の項目に「人工腎臓で使用する血管のつまり」の件数が多く含まれています。その他の発生率は低い結果となっています。

更新履歴



MENU