金沢赤十字病院

病院紹介

病院指標

平成28年度 金沢赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 119 82 152 132 218 282 678 914 771 281
 当院では「わたしたちは、安全で信頼される医療を通じて、地域社会に貢献します」を理念とし、地域のニーズに応え、患者さんを治療し支える医療を提供することを目標としています。生活習慣病や消化器病を中心とした疾患だけでなく、高度急性期から在宅への復帰を目指した回復期や地域のかかりつけ医の後方支援病院としての機能を充実させ、地域の中核病院としての役割を果たせるように医療の提供を積極的に行っています。退院患者数を年齢階級別で集計すると、当院では小児から高齢者まで幅広く患者さんの受け入れを行っていますが、70歳代以上の割合が高い傾向にあります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 114 4.53 5.50 0.00 49.63
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 84 28.92 21.25 27.38 85.50
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 75 20.51 12.43 9.33 79.91
050050xx02000x 狭心症 慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1、2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 6.82 4.71 0.00 72.01
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 3.20 3.06 3.28 71.52
 当院の内科は、消化器・生活習慣病・循環器・呼吸器等の多くの内科疾患を診療しています。今年度は胃腸炎・誤嚥による肺炎・尿路感染症・狭心症の心臓カテーテル手術あり・狭心症の心臓カテーテル検査あり、が上位5疾患となっています。昨年度1番件数の多かった2型糖尿病については、今年度からDPCコードが分割されたことと、集計年度の下半期より糖尿病・腎センターが集計対象外の病棟となったことから、今回の集計からは外れていますが、患者数では158件の入院があり、昨年度(163件)と大きく変化したわけではありません。2番目であった肺炎についても同様に、今年度からDPCコードが分割されたことにより、集計から外れていますが、153件の実績があり全体の件数に大きな変化はありません。また、昨年度と同様に集計に含まれない疾患として、内視鏡によるポリープ切除術の実施による入院(165件)があります。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし 28 4.61 6.02 3.57 1.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 5.48 5.79 0.00 7.70
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 20 3.10 5.50 0.00 6.85
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 4.80 6.42 0.00 2.90
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし - - 6.09 - -
 小児科では、地域の小児科からの受入れだけでなく、毎週木曜日の輪番診療(夜間救急)も行い、地域に根差した診療を行っています。肺炎や気管支炎、喘息、腸炎などの一般疾患や、川崎病、紫斑病等も入院にて対応しています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 48 7.27 10.15 0.00 65.21
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 35 5.31 5.60 0.00 28.77
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 7.76 7.61 0.00 58.03
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 28 6.50 6.91 0.00 35.29
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 20.65 15.92 5.00 75.15
 外科では、消化器疾患を中心とした外科疾患全般の診療を行っています。肛門脱、痔核、胆嚢摘出術、結腸癌の手術のための入院が多くなっています。また、集計には含まれていませんが、ヘルニア(いわゆる脱腸)の手術も積極的に実施しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 23 34.57 27.63 4.35 82.96
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 20 38.05 26.26 0.00 70.65
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 18 35.83 24.42 0.00 72.17
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 18 29.72 20.57 11.11 82.11
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 18 8.17 5.49 0.00 59.06
 当院の整形外科では、地域の整形外科の先生方と協力して、骨折や関節についての疾患を中心とした数多くの疾患に対して診療を実施しています。急性期の状態から回復期のリハビリテーションまで、切れ目のない診療を実施しているため、それぞれの全国平均に比べて平均日数が長くなっています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 16 3.38 5.52 0.00 60.06
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 17.73 16.54 0.00 76.27
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.87 - -
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 19.35 - -
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.54 - -
 脳神経外科では、脳血管疾患やめまい、外傷による頭蓋内疾患といった頭部の疾患を全般的に診療しています。脳血管疾患、特に脳卒中には早期のリハビリテーションが重要で、当院では早期に介入し必要な訓練を行うことにより、生活機能の回復に努めています。急性期のリハビリテーションだけでなく、回復期リハビリテーション病棟にてリハビリを継続することで、積極的な予後の改善を図っています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 11 6.27 6.42 0.00 52.18
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり - - 9.44 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 10.05 - -
120250xx97x0xx 生殖・月経周期に関連する病態 手術あり 手術・処置等2なし - - 4.64 - -
120070xx99xxxx 卵巣の良性腫瘍 手術なし - - 5.15 - -
 当院の婦人科は、婦人科一般についての診療をしています。治療の必要性に応じて、良性疾患については、入院加療や手術を実施しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 - - 11 25 - 1 7
大腸癌 - - 14 57 11 10 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院のがん診療は、胃癌、大腸癌、肝癌といった消化器癌を中心に行われています。消化器の癌では、早期のものから重篤なものまで幅広いステージのがんについて診療を行っています。病態や社会的背景を踏まえ、患者さんにとって最適な医療を提供できるよう努めていきます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 8.19 51.67
中等症 82 18.91 77.77
重症 30 28.53 82.90
超重症 11 28.36 86.55
不明 - - -
 成人市中肺炎は、重症度が高くなるにつれて平均在院日数や平均年齢も高くなる傾向があります。高齢者は合併症を有する方が多いため、平均在院日数が長くなる傾向があります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 62 54.06 79.44 16.13
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 当院では、脳梗塞で入院していた方の8割以上が在宅へと復帰しています。急性期から回復期への移行が自施設内でできること、リハビリテーションが重点的に実施できていることが理由として考えられます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 216 0.70 1.78 0.00 66.33
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 58 1.64 5.69 0.00 73.60
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 38 1.89 17.53 2.63 76.97
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 25 25.76 24.40 44.00 80.88
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 23 2.52 4.22 0.00 75.39
 当院の内科では、消化器疾患に対する内視鏡手術と、循環器疾患におけるカテーテル手術が主なものとなっています。消化器疾患では、胃や大腸のポリープ切除及び胆道への内視鏡手術が殆どを占めており、循環器疾患では心臓及び下肢動脈へのバルーン拡張と、ステントの留置による治療が主なものとなっています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 62 1.31 2.95 0.00 67.26
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 48 0.96 4.46 0.00 60.63
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 46 1.39 5.13 0.00 59.28
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 40 0.08 1.55 0.00 71.48
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 37 0.32 4.16 0.00 30.16
 外科では、主に消化器疾患における手術、特に腹腔鏡による胆嚢摘出と鼠径ヘルニアの手術を数多く実施しています。その他、肛門の疾患について、近隣のかかりつけ医と連携し、診療・手術を実施しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 40 3.00 37.00 2.50 71.08
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 28 3.61 29.64 3.57 79.64
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 23 2.48 19.65 0.00 64.00
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 15 1.07 3.20 0.00 59.07
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 10 3.00 19.50 0.00 49.20
 当院の整形外科では、昨年と同様、骨折に対する手術が数多く実施されています。整形外科の手術件数については全体的に昨年度より増加しており、地域の先生方と協力して、より身近な整形外科疾患に対しても積極的に手術を行えるよう取り組んでいます。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 13 1.00 4.08 0.00 51.38
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K860 腟壁形成手術 - - - - -
K8653 子宮脱手術(マンチェスター手術) - - - - -
 当院の婦人科は、良性疾患についての手術を主に実施しています。術前術後の日数を短く、負担とならないように心がけています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 227 0.00 1.04 0.00 75.19
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 眼科では、白内障に対する水晶体再建術の実施が最も多く、ほとんどの方が入院当日の手術、翌日退院の1泊2日の流れで実施しています。水晶体再建術については、多焦点眼内レンズを使用した高度先進医療や3焦点眼内レンズの手術も行っています。今年から硝子体手術も行っています。網膜光凝固術(レーザー治療)については、当院ではほぼ外来にて実施しており、入院手術の集計表には反映されていませんが、水晶体再建術に次いで実施しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.61
異なる - -
 この項目は入院後に発症した感染症や合併症の件数を示しています。ただし、「手術・処置の合併症」の項目には「人工腎臓で使用するシャント血管の閉塞」の件数が多く含まれています。当院では人工腎臓の患者さんを多く受け入れているため症例数が多くなっていますが、これは術後の合併症とは異なります。

更新履歴


MENU