金沢赤十字病院

血液浄化センター

血液浄化センター

血液浄化センターについて

平成5年にベッド数5床で血液透析部門を開設し、スタートしました。その後徐々に増床し、平成19年の病院の増改築を機に42床にとなり、名称も「人工透析センター」から「血液浄化センター」に変更しました。現在は血液透析以外に、血漿交換・白血球除去療法・エンドトキシン吸着など各種血液浄化療法も実施しております。



血液浄化センタースタッフより


医師より


透析患者さんのパートナーとして、医療者の立場から患者さんの支援をしていけるよう、各部門と協力し、チーム医療に取り組んでいます。

看護師より

私たちはそれぞれの患者さんのその人らしさを大切にし、その人に合った透析ライフを共に考え、患者さんが実践できるようサポートしたいと考えています。患者さんの身体的側面のみでなく、精神面、社会面にも目を向け、全体像を理解し、患者さんに寄り添いサポートしていきます。また、安全で安楽な透析が行えるよう、全員が知識や技術を磨くよう、日々励んでいます。

臨床工学技士より

安全な透析を提供するため、機器の保守点検管理を行っています。当院では、ループ配管(端末のない配管)を採用し、各装置にエンドトキシンカットフィルターを設置するなどし、クリーンな透析液を患者さんに提供できるよう努めています。

現在の状況

透析患者数100名(平成29年6月現在)
べッド数42床(うち個室2床)
スタッフ数医師 5名(うち透析医学会認定専門医1名)
看護師 14名
事務員 1名
その他、臨床工学技士が数名常駐
透析クール月水金午前、午後、夜間
火木土午前のみ
時間帯午前:8:30~14:00
午後:14:30~19:00
夜間:17:00~22:00
透析機械HD対応38台 HDF対応3台 on-lineHDF対応1台


MENU