金沢赤十字病院

内視鏡センター

内視鏡センター

内視鏡センターの実績

年間内視鏡件数(平成29年度)

総数 7,709件/年

<内訳(検査種別)>
  • 上部消化管内視鏡 6,390件
  • 大腸内視鏡 1,182件
  • 内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 129件
<内視鏡を用いた治療 584件>

  • 内視鏡的胃瘻造設術(PEG) 18件
  • 大腸ポリープ切除 269件
  • 上部消化管粘膜切除術(EMR)・粘膜下層剥離術(ESD) 20件
  • 膵胆道処置 120件
  • 腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS) 2件
  • その他(食道狭窄拡張術など)

当院で行っている内視鏡治療

下記の内視鏡治療を行っています。消化器病センターを受診された際に、病状に応じて詳しくご説明します。

  • 早期食道がん・早期胃がんやポリープの内視鏡的切除
  • 大腸ポリープ・早期大腸がんの内視鏡的切除
  • 消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)出血に対する内視鏡的止血
  • 食道静脈瘤の治療
  • 胆管結石や胆道狭窄に対する内視鏡的治療
  • 内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
  • 食道狭窄拡張術
  • 腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)

胃カメラを受けるときに注意することは?

胃カメラをご希望の場合は、特に予約は必要ありませんが、いくつかの注意事項があります。

  • 前日の夜9時以降は絶食(水・お茶は可)です
  • 当日の朝も絶食(早朝に水のみコップ1杯可)です
  • 血圧の薬などは普段どおりお飲みください(糖尿病など、一時的に中断が必要な薬もありますので、主治医の指示に従ってください)
  • 鎮静剤を使用する場合は、検査後に運転できませんので、お車等での来院はお控えください
  • ご高齢の方は、ご家族の付き添いのもと来院されることをお勧めします
  • 検査当日は汚れてもよい服装でお越しください(唾液で濡れる場合があります)
  • その他、安全のため医師や看護師の指示に従ってください


MENU